何もしなくても(楽して)電気代節約できる!!

2009年07月20日

7月20日月曜日 
千葉テレビ「朝まるJUST」「知っ得経済 柏木りか」http://www.chiba-tv.com/asamaru/corner.htm

夏の節約 電気代
何もしなくても(楽して)電気代節約できる!!

柏木理佳の!知っ得!経済!さあ!今日の知っ得情報はいったいなんでしょうか?
ナビゲーターは、生活経済ジャーナリストの柏木理佳さんです。
 

今回は夏の家計簿の大敵を制する、「電気代!楽々節約術」です。
エアコンの話もありましたとおり、夏は家庭の電気使用量が一番多くなる季節です。上手く節約できると大きいですよ。きょうは、ずぼらな人でも大丈夫な、「楽して」電気代の節約ができる「知っ得」をご紹介します。

ハイ、それでは「電気代!楽々節約術」第3位!
(SE・めくり)
「エアコンの知っ得!」

室外機に日よけ用のカバーをすること 約280円
エアコンの下に扇風機 循環で部屋全体が早く冷える 約100円
1度上げると消費電力7%の差 約400円 
まず夏の電気代の4分の1を占めるエアコン。意外に知らない節約術が
①室外機に日よけカバーをしたりひかげに置くだけで、5%の省エネになります。(早く冷たい空気が出るので)
②そして扇風機をエアコンの下において併用すると、冷えた空気が広がりやすくなります。
③また温度設定を1度上げると10%省エネになります(外気との差は5度以内。28度が理想)
これだけで年間4000円以上もお得になります。

最初に準備すれば済むものばかりです。
続いて「電気代!楽々節約術」第2位!
(SE・めくり)
「冷蔵庫の知っ得!」

冷蔵庫にはスカスカ、冷凍庫はガチガチに詰めること 約300円
冷蔵庫は壁から離しすきまをあけること 約300円
温度設定を強→弱にすると 約270円

常に電気を使う冷蔵庫も節約ポイントがいっぱいです。
まず冷蔵庫周り。熱を逃がすため、壁から離して隙間をあけて下さい。できれば上にも物を置かず、どうしても置く時は隙間をあけましょう。冷蔵庫は空間を空けてスカスカに、冷凍庫は逆にガチガチに詰めること。(冷蔵庫でぎゅーぎゅー詰めにすると冷気の循環が悪くなります。冷凍庫の場合は逆です。凍った食品どうしが冷やしあうことで冷凍効果をあげるのです)。そして温度設定を弱にしておきましょう。これらを実行するだけで電気代が年間4200円以上お得になるはずです。

それではいよいよ「電気代!楽々節約術」第1位!
(SE・めくり)
「ブレーカーの知っ得!」
お近くの電気会社に電話して、ブレーカーのアンペアを下げるだけで、「何もしなくても」節約できます。例えば60アンペア(毎月基本料金が1638円を40アンペアにするだけで1092円と、
年間6000円もお得になります。
①アンペアブレーカーを下げるだけ
お近くの電気会社に電話して、40アンペアを30アンペアに設定を下げてもらうだけで、1027円→819円に273円の節約。
「何もしなくても」というのがいいですね。
そしてもう一つ。複数あるブレーカーの内、冷蔵庫など、常に使うもの以外のブレーカーを落とすのがオススメです。「待機電力」を使わなくなるのでぐっとお得になりますよ。

―家のブレーカーチェックしてみます。
他に柏木さんお奨めの電気代節約術は?―

実は私は暑さに強くてエアコンも扇風機もほとんど使いません・・・
―それは、、真似できないなあ・・・
以上。「知っ得!経済」でした。

Copyright (C) 2009 RIKA KASHIWAGI. All Rights Reserved.