J WAVE MORNING RADIO 中国の食事情

2010年11月10日
J-wave Tokyo Morning Radio 
ウイダー POWER YOUR MORNING
月~木 6:25~6:35 On Air
 11月10日(水) 放送分 
           ウイダーPOWER YOUR MORNING、今週は、中国経済ジャーナリスト
柏木理佳(かしわぎ・りか)さんをお迎えしています。
※おはようございます!!
 
▼     いわゆる“毒入りギョーザ事件”などで、食の安全が騒がれましたが・・・
(最近はあまり聞かないように・・・) 中国の中で、変化が?

・         一般の人はまだ知らない
・         富裕層のみ食へのこだわりが強くなった
 
▼     中国国内の食糧事情はどうなのでしょう?(食文化の変化などは?)

・        果物の需要が毎年9割増加。
・        日本のりんごが日本の3倍の価格で高級品扱い。
・        日本の農作物の輸出の7割がりんご
 
▼     中国はレアアースの問題でも、日本や欧米への輸出を規制しているという報道もあります、これは“交渉のカード”に使われているとみるべきでしょうか?

・         尖閣問題前からレアアースの輸出規制はしていた
・         レアアース以外でも生産量を規制
・         各産業において生産量世界一→価格決定権→中国の世界への影響はまだ続く
 
▼     先週、ベトナムの原発2基の建設を日本が受注すると、両国の首脳が合意しました、こういったアジアへの官民一体となったインフラ輸出については、日本はどんな道をとるべきでしょう?

・中国では13のエコシティプロジェクトの計画。→600都市のうち最終的には100都市を。天津が有名
・         日本は水ビジネスで遅れている。官民一体で日本の技術を提供すべき。
・         応用技術を提供
 
▼     APEC・21の国と地域の経済規模は世界全体のGDPのおよそ5割。
APECの中での日本の立ち位置、現状と今後は?

・経済大国でなくなった日本は、著作権など先進国としてリーダーになるべき
・・・ありがとうございます
 
ウイダーPOWER YOUR MORNING、明日は、課題となっている
日本と中国・アジアの「外交」について伺いたいと思います

Copyright (C) 2009 RIKA KASHIWAGI. All Rights Reserved.