自分の仕事に自信が持てず、キャリアプランも見えません

日経ウーマンオンライン(WOMANONLINE)
2010年01月15日
Q金型製造器具メーカーの営業事務をしています。27歳です。私の仕事って事務職ならだれにでもできると思います。毎日、ただPCに向かってキーボードをたたく日々なんです。私の会社は工場へ納める金型製造器具を作っているんですが、そもそも機械には興味がないし――。このまま派遣でこの仕事をしていても、パソコンが速く打てるようになるだけ。意味がないと思い始めています。もう27歳なのに今後のキャリアのことを考えると正直、焦っています。でもだからといって、何に興味があるか、何ができるかも分からない。どうしたらいいんでしょう?
今回の相談者、金型製造器具メーカーに勤務する彼女が抱えるお悩みとは……?
リカ先生「そんな悲観的にならないで!『今の仕事に意味がない』なんて、そんなことはないはずよ。まずは客観的に仕事の内容をおさらいしてみましょう」
Aさん「そう言われても、私の仕事なんて1日中自分の席でキーボードを叩いてるだけです…」
リカ先生「あなたにとって、今必要なのは、まず自信をつけることのようね。では、あなたの仕事を細かく分析してみましょうか。漠然と事務職やアシスタントといっても、営業系、経理系、貿易系、IT系、医療系、販売系などに大きく分類できるはずよ。まずは、今あなたが取り組んでいる仕事の内容を細かく30に分類してみましょうか。キーボードを叩いてるだけではないはず。細かく教えて!」
Aさん「え~と、大まかにいうと、電話で注文を受けて、そのデータをPCに入力して納品書を作成する。それを営業と経理に回しています。請求書は経理が担当するので私は深いことには関わっていません。配達記録は毎月、私がまとめます。それが各営業担当者の売り上げになるんです。3年すれば営業も担当させると上司には言われたんですが、私は興味がありません。だからといって、経理もやりたくない。この会社にいても結局やりたいことが見えないんです」
リカ先生「全体的な仕事の流れは分かったけれど、今話してくれた1つ1つの仕事を内容によって細かく分けてみましょう!」
Aさん「朝9時 出社。
1.雑用:自分の机の掃除、コーヒーメーカーの在庫確認、不足分は発注
2.FAXの仕分け:CCの各担当者にFAXをコピー、印鑑を押してトレーに配布
3.メール確認:メール受信、上司や部署の人間へのメールのフォローをすませる。
4.電話担当:代表電話での問い合わせの転送、自分の部署のメッセージに残す。
5.打ち合わせに出席:10時からの営業担当者の売り上げ報告を聞いてメモをとる。自分の部署の問題点などが指摘された場合は議事録にしてまとめる。
6.データー入力:11時すぎから、自分の営業電話をかけて営業をとりデータを入力する。
7.顧客対応:クレームで顧客が来社した際、上司とともに応対し、メモをとりながら議事録を作成する。
8.上司出張の手配:ホテル、旅券の手配、スケジュール作成など。
9.データ入力:15時、1日のデータ入力を印刷、配達に回す。
10.経理のサポート:16時、経理の書類と先月のデータが一致するか確認。
17時 帰宅。
結局、10個にしか分けられませんでした…やっぱり私の仕事って意味がないんですね。」
リカ先生「まだ分け方が甘いようね。もっと細かくすれば、30になると思うわよ。例えば出張の手配は、旅行代理店にすべて任せるのか、飛行機の予約まで担当するのか、クレーム対応も、具体的に何の対応なのか、品質管理なのか、数量のミスなどに対してなのか。いずれにしても今回話してもらった、あなたの仕事を分けてみると3つに分けられるわね。
・秘書業務→旅券、ホテルの手配、スケジュールの確認、接待、議事録作成
・営業実務→データー入力、営業補佐
・経理アシスタント→経理データ確認、毎月の調整」
Aさん「へえ~、意外! 秘書の業務が多かったなんて。気がつかなかった」
リカ先生「そう、営業関係ばかりと考えていたでしょ。仕事内容をブレイクダウンすると、もっと違った仕事内容が見えてくるわ。それでは、もっと掘り下げてみましょう。上の3つの業務から興味のあるもの、好きな仕事内容は何かしら? もし分からなければ、時間ごとに出してくれた仕事内容からでもいいから探してみて!」
Aさん「そうですね。好きなことは出張の手配、スケジュール管理やホテルの手配など…。 あっ、そうか、私は営業や経理ばかりかと思って将来はないと思っていたけど、ここで秘書的なことも学べるのね」
リカ先生「そうそう、もっと詳しくブレークダウンすれば秘書的な業務なのか、観光、旅行などにも興味があるかもしれないし・・・」
Aさん「そっか。勝手に視野を狭くしないで、仕事の項目をもっと多く考えてみると、もっと私の可能性は広がるんですね。」
リカ先生「これから仕事するときにも、一つ一つ何の仕事しているのか、などと考えて仕事をすると思いますから、仕事そのものにも力が入ると思いますよ。」
Aさん「それに秘書が向いているのか、旅行代理店がいいのか、ホテルがいいのか、新しく希望が見えたので、もっと職業について勉強したり、今の仕事の内容を意識してやってみたいと思います。」
▼リカ先生の本日のお告げ▼
仕事内容を30項目にブレイクダウンしてみて!すると今の自分の仕事内容が明確に分かり、自信も持てるようになります。このプロセスの中で、自分が興味のある仕事、将来性も見えてくるはずです
Copyright (C) 2009 RIKA KASHIWAGI. All Rights Reserved.