無料で英語学習ができるお役立ちサイト

日経ウーマンオンライン(WOMANONLINE)
2010年04月19日
Q前回は、英語の勉強にこだわるA子さんに、日常会話にこだわらないこと、また自分の働いている業界での専門性を大事にすることを理解してもらいました。今回は具体的に毎日どんな勉強をすれば効率的に、楽しく英語をマスターすることができるのかをご紹介しましょう?
Aさん
 前回いただいたアドバイスでは、日常会話よりも、むしろ専門用語から英語学習をすることが効果的であることが分かりました。早速、不動産業界の専門用語を英語で調べてみたのですが、日本語でも気づかなかった専門知識も得ることができ、とっても勉強になっています。ただ、不動産業界の専門用語を翻訳するのは結構時間がかかってしまうので、毎週末がつぶれてしまうんです。毎日ちょっとした時間を使って継続して学べる方法があればよいのですが…
リカ先生
 英語学習の基本は毎日少しずつ継続的に取り組むことです。楽しみながら毎日どんなに忙しくても5分勉強することで勘が身につきます。A子さんは英語の中で、何を一番身につけたい?書くこと?聞くこと?話すこと?実際に不動産会社で外国人相手に仕事をする夢が実現したら、もっともできなければならないことは何なのか、ちょっと考えてみてください。 今、漠然と英語が好きだけど、具体的に何をするために学びたいのか分からない人も多いと思います。下記を参考に、まずは何が得意で何が苦手なのか把握しましょう。日本人は書くことは得意ですが話すことが苦手な人が多いようです。でも、下記を試してみると意外に違う人も多いようです。

英語学習お役立ちサイトリスト

1) 聞くことから始める ヒアリング力
 聞き取れるかどうかは別として、常に耳に入れておくことが大切です。最近は、インターネットラジオなど、無料で聞ける英語コンテンツがたくさんあります。上手に利用してみましょう。
●初級編
まずは、英語版NHKニュースを聞いて、NHK日本語をテレビで確認するといいでしょう。
NHK英語
http://www.nhk.or.jp/daily/english/
●中級編
少し慣れてきたら単語数も少なく時事ニュースというより軽い話題をゆっくり話してくれるサイトもあります。
http://www1.voanews.com/learningenglish/home/
http://www1.voanews.com/english/podcasts/
※iPodやMP3プレイヤー、ポッドキャスティング適用
●上級編
ヒアリングに慣れてきたら、少しレベルアップして、英語のシャワーとして無理せずに寝る前に聞く癖をつけて欲しいのはBBCワールドニュースです。
BBCワールドニュース
http://www.bbc.co.uk/worldservice/
●番外編 オバマ大統領のスピーチ本が爆発的に売れましたが、歴代の大統領のスピーチをまとめたサイトもあります。ヒアリングしながらスクリプトで確認もできます。
http://www.historyplace.com/speeches/previous.htm
2)5分ざ~と斜め読み
英語でのニュースをパソコンのディスクトップ画面にしましょう。この方法で真剣に時間をかけて一字一句翻訳するというよりもざっと早く総合的に文章を理解できるようになるのに効果的です。毎朝10分でいいからパソコンでちょっと英語のニュースを読む癖をつけるだけで違います。会社のデスクの待ち受け画面にするだけでも英語になれてきます。これができれば、海外で家を探したり、ニュース、英語の新聞や雑誌などの半分近くが理解できるようになります。
ヤフーニュース英語版
http://news.yahoo.com/
3)カラオケで発音を磨く
私は音楽を聴いて楽しむように発音のレッスンをしました。1曲100回、自分の好きな曲をカラオケボックスで練習したのです。できれば外国人の友人と一緒に行くと注意してくれるので効果的ですが、そうでない場合は、録音するのがベストです。マドンナや最近の流行の歌などもいいですが、英語ではまずビートルズの「レットイットビー」などから始めてみてはいかがでしょう。

ツイッター・ブログで英語のつぶやき

4)外国人クラブに所属
多少の英語の勉強が続けられたら、とにかく外国人が多く参加しているクラブに所属することです。せっかく学んでも使わなければ身に付きません。また思い通りにいかないことも出てきて交渉力も養えます。外国人と対等に会話するには必ず交渉力が必要となってきます。YMCAには外国人との交流会を定期的に開いています。
YMCA
http://tokyo.ymca.or.jp/kokusai/index.html
東京都国際交流委員会
http://www.tokyo-icc.jp/
5)ツイッター、ブログを書く
毎月1回1時間かけて書く長文より、毎日5分の日記の方も英語の力は確実に上がります。書く時は文法を意識するので、話すよりも上達が早くなります。まずは、有名人のツイッターをフォローしてみるのもいいかもしれません。
オバマ大統領のtwitter
http://twitter.com/BARACKOBAMA
なお英語の単語がわからないときも嘆かないで!本当は英語辞典を使って欲しいけど今は便利は翻訳ソフトもあります。
EXCITE翻訳ソフト http://www.excite.co.jp/world/english/
OCN翻訳ソフト http://www.ocn.ne.jp/translation/?U
少しずつ書くことに慣れてきたら、長文にもチャレンジしてみてください。
今まで書くことが面倒で苦手な人でも翻訳本 ブリジット・ジョーンズの日記 Bridget Jone’s Diary) http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/014028009X/eigotowncom-22など読んでみて!
もしかしたら翻訳がむいていることを発見できるかも。英会話学校も資格もいいけど、ぜひ本格的な翻訳学校に行くことをオススメします。

6) ボランティア通訳
英語を学んだら少しずつ仕事で使ってみましょう。それによって話すことで英語の自信がついてきます。各市役所などの国際交流部に問い合わせて登録するといいでしょう。
ボランティア通訳登録 http://www.yoke.or.jp/jigyou/tuuyakubora_touroku.html

7)資格
TOEIC、英検、中国語コミュニケーション検定、HISなどもいいけど、国際秘書検定など実践的なものはとりやすいです。やはり就職には資格があると有利です。

Aさん
 ひとつひとつ時間をかけると大変な気がするけど、どれも楽しみながら1日5分~10分ずつできますね。それに何が得意かもわかりますね。高いお金を支払って英会話学校に通ったり、留学したりしなくても日頃からのちょっとした工夫と努力が大切なんですね。
リカ先生
 私が実践した英語の勉強法は「1日5分」「前から訳す」=「勘を身につける」ことでした。そういえば、看護師の知人は英語を話せなかったのにフィリピンで医療のボランティアをしながら英語を身につけました。専門知識があれば、後からでも英語は身につくんです。彼女は帰国後、医療関係の外資系企業に転職し、専門知識を生かしています。こんな例からも、毎日ちょっとずつ勉強し続けることがベストだということは分かりますよね。
▼リカ先生の本日のお告げ▼

英語は5分でいいから毎日続けて感をつけることが大事、海外では生活するには完璧な文法や発音はいらない。

Copyright (C) 2009 RIKA KASHIWAGI. All Rights Reserved.