東京FM 五輪の経済効果

2016年08月18日

2016年8月16日
東京FM クロノス 追跡 朝の経済サプリ
「オリンピックと、寝不足と、経済効果」

<日本での五輪の影響は?>
 4年後の東京オリンピックに向けて、経済成長への期待感が高まっています。
 日経平均株価は、開会式前日から本日までで600円余り上昇しています。
 また、メダル獲得選手たちの所属している企業も好影響を受けています。テニス錦織圭選手がメダル獲得すると日清食品、内村航平選手など男子体操団体が金メダルを獲得し、コナミHDの株価が上がりました。柔道100キロ級、羽賀龍之介選手が銅メダル、73キロ級、大野将平選手が金メダルをとると、旭化成が上昇、70キロ級、田知本はるか選手の金メダルでALSOKが上昇しました。ウェイトリフティングの三宅ひろみ選手の銅メダル獲得ではいちごHLDが上がり、競泳の星なつみ選手が銅メダル獲得したことで、所属するミズノが上昇しました。それに、選手が着用しているジャンバー、白地に上の部分、赤色に、桜もようをデザインしたアシックスも上昇ました。オリンピックに向けて上昇傾向にある中で、メダル獲得でその日は瞬間的に上がったようです。

<お財布の紐も、ちょっと緩んでいる傾向があるようですね?>
 オリンピック開催中は、テレビにかじりついている人が多いと思いますが、この機会に、フルハイビジョンの4倍の解像度がある4Kテレビやスピーカー、録画再生機などを買い換える人が増えています。ある家電量販店では7月の4Kテレビ販売は金額ベースで前の年の同じ時期に比べて15%増も増えています。
 家電量販店では、例年、ボーナス商戦は8月1週目ごろまで終わるのですが、今年は8月末まで続きそうですね。

 また、リアルタイム観戦すると、どうしても寝不足になりますので、興味深いところでは、寝不足を解消するグッツが売れているようです。私も使っていますが、寝不足対策の栄養ドリンク剤や、刺激のあるガム、ミントの飴、顔をふくだけで目が覚めるフェイシャルシートなどがありますね。

 オリンピック観戦のイベントも増えビールの販売なども増えそうです。五輪で、メダルはとれませんでしたが福原愛ちゃんの履いていューズ、ラケットなどの販売コーナーができたり、スポーツへの関心も高まっています。
  最近の傾向では、野球観戦など観戦するためにお金を払う人は減っているのですが、ランニングシューズなどは1割ほど増えており、市場規模はスポーツ用品全体の7分の1、2600億円ほども占めています。4年後の東京までは、観戦イベントやスポーツ市場ますます期待されそうですね。

一方、オリンピック開催国であるブラジルは、人口2億、そのうち65%が40歳以下です。さらに、資源国ですから経済成長要因が十分あるのですが、現在は、過剰な設備投資、原油安などが足を引っ張りGDPはマイナス3・8%、インフレ率10%、金利14%、公務員の給料も未払いです。ブラジルの投資信託も下落しています。ギリシャのように五輪後にさらに打撃をうけることもありえます。
今後の、ブラジル経済にも注視しておく必要があります。

Copyright (C) 2009 RIKA KASHIWAGI. All Rights Reserved.