女性自身 

2018年10月02日

女性自身

合併号 10月16日23日(10月2日発行)

米中首脳会談

自動車関税引き上げ、農作物の貿易交渉・・妥協を迫られる日本

トランプごり押しで危ない食品がやってくる

牛肉:成長促進剤を多量注入、大豆:中国向けだった在庫品、サーモン:遺伝子操作で成長促進

ー現在、米中貿易摩擦によって、中国はアメリカ産大豆に高い関税を課している。

ーおそらく今後、米国内では、大豆がだいぶだぶついてくる。今後の交渉によっては、その大豆の「在庫処分」をしようと

日本に売りつけてくる可能性がある。

ー遺伝子組み換えによって作られた大豆が、日本の食卓にでる懸念もある。

Copyright (C) 2009 RIKA KASHIWAGI. All Rights Reserved.