TOKYO FM 日本の食品 EUが一部規制緩和

2019年11月14日

2019年11月14日

TOKYO FM

ONE MORNING朝7時から~「BEHIND HEAD」

https://www.tfm.co.jp/one/

日本の食品、EUが一部規制緩和

ー東日本大震災の福島第一原発事故で日本の農作物が放射能汚染され安全性が不安視され、54ヵ国が規制

ー欧州はもともと食品規制に厳しい。完全撤廃するとアメリカなどからもどんどん輸入しなければならなくなる

ー輸入依存型のブルネイは完全撤退したがEUは自給できる国が多い

ーG20、大阪で総理がユンケルEU欧州委員長と会談した成果、10月にも水害があった農家にとっては少しでも嬉しい話

ーEUだけでも28ヵ国、中東もアフリカも追随する可能性もある。

ー韓国は、食品規制に厳しい。かつ日本政府との関係も悪化。簡単には日本の農作物輸入規制緩和しないが、中国経済低迷の影響で韓国からの輸出も減少。景気が悪化続けば、日本との切り札に使ってくる可能性も。

ー日本の農作物の輸出は9000億円で6年連続増加、でも1兆円以下の規模。ブランド力で世界に広めていこうとした時に、東日本大震災に。TPP受け入れている分だけ、日本からももっと世界に普及させたい。

ー日本の消費者にとっても、EUによって安全性認められたことで、購買意欲が増す可能性も

Copyright (C) 2009 RIKA KASHIWAGI. All Rights Reserved.