株価下落による生活への影響は?

テレビ朝日 スーパーモーニング
2008年10月07日
 サブプライムローン、株価下落、今後の日本への影響は?
○株価の下落500円近くで⇒中小企業の倒産が増加

○時価総額の減少、業績悪化⇒企業の業績悪化は家計にも直撃する


1)製品への影響 物価高へ
①利益が出ずらい⇒人件費、または製品から利益削減しようとする

②企業はコスト上昇分を製品価格をあげることで改善する(すでに家電、食品など暮らしにかかわる幅広い商品・サービスの値上げ)

=日本企業の特に円高のデメリット産業、自動車・航空機・家電製品、眼鏡・時計・測定器などが利益がでなくなり、人か製品へしわ寄せがくる

統計:CPI消費者物価指数の分類から値上げ商品の分析

消費傾向:8月は実質消費支出が6カ月連続で前年水準を下回りお金を使わない傾向へ


2)人への影響
企業の業績悪化を理由にするのは人件費にも・・・

①すでに月収1割減少した会社も

②ボーナス減少

③退職金一括受け取りから10~20年の年金(分割)払いへ

(最後までもらえるのか不安)

④中途採用求人数が前年同月比で5年7カ月ぶりにマイナスに

リクルートエージェントの調査によると、7月末の中途採用求人数が5年7カ月ぶりに減少。(前年同月比で3.5%の減)銀行、証券会社の金融機関、不動産や建設、流通、サービスがマイナス、機械、自動車、化学や食品、外食、機械、自動車、化学は増加)

⇒10年以上の給料低迷からやっと上がり始めたのに、また下落する

 悪いことばかりではない!スーパーでの買い物対策
ドル安⇒アメリカからの輸入品、ワイン、お酒、アメリカのパスタやコーヒー、ジュースなどが買いどき
ユーロ高⇒欧州のワイン、お菓子、ブランドなど高くなる
Copyright (C) 2009 RIKA KASHIWAGI. All Rights Reserved.