サンデー毎日 2008年4月20日増大号

4月20日
2008年04月02日
   
 
ぜん息急増は黄砂に含有ジクロルポスが原因だった!?
今年3月~4月の中国はの強い黄砂が到来。その影響の範囲はとても広く、長江の北部のほとんど、新疆西部と北部、内モンゴルの大部分、甘粛中部、陝西北部、寧夏、河北北部、北京・天津地区と東北の南部など。その被害人口は1億を越える。
北京に到来した2度の黄砂は5.6万トンに達する。砂嵐の災害は人々に大きな目に見えない疾病を与える危険がある。中国の医学専門家は人々に警告を出している: 砂嵐は多種の疾病を誘発する可能性が高い。適切な防止措置をとらなければならない。
専門家は、人体の呼吸系に対して危害を及ぼすリスクは最大にあり、人々は軽視してはいけない。砂嵐はアレルギー性の疾病、流行病と伝染病をも誘発する可能性がある。わずかな粉塵でも、呼吸道のアレルギー性疾病の人には持病になるかも。たとえ健康な人ですら、もし長い時間、粉塵を吸い込んだならば、咳、喘息などの多種で調子が悪い病状が現れて、流行病が現れることも招く恐れが。それ以外に、大風は数千キロメートルも越え病原菌は風が吹いたこどであらゆるところに病原菌が伝染するかもしれない。8㎞の高い空に上がることができ、太平洋を越えてアメリカに到着予定。
直径が10ミクロンのほこりは肺部の気管の中で沈積し、気管支を塞ぐことももたらすことができる。直径の4.0ミクロン以下の粒子は気流の運動に呼吸にともない、肺部の空気を交換、つまり肺の正常な動きに悪影響を及ぼす。直径2.5ミクロン以下の粒子、微小な粒子でさえも、人類の健康な危害に対しての影響は大きい。これらの粒子は肺部の入り口の濾過の構造に入り込み、ウィルスも直接肺部の組織に入り、肺部の内で表面の形成の一層の膜、肺の正常な仕事に影響を及ぼす。
粒子の含んだ鉱物成分以外、ほこりそのものが、いくつか重なり携帯してその他の各種の有害な成分、細菌、菌類、化学を含んで物などを汚染する。これらはすべて人類の健康と環境に危害が及ぶことになる。
ぜんそくは最も悪化しやすい疾病の1つである。しかしぜんそくの原因を引き起こす可能性が多いため、科学者はこの因果の関係もとても困難だと証明している。
流行性出血熱のウィルス(hantavirus)は別の1種のほこりが携帯したウィルス。これらが黄砂・風を通してまた家畜が病気になることを招くかもしれない。

14人に対し有害な大気を吸い込み死に至る人が1人いる。清潔ではない空気が引き起こした肺炎は中国の児童の死亡原因の第1となっている。科学者の推測では中国では100万人は大気汚染の危害により死に至る。

 
Copyright (C) 2009 RIKA KASHIWAGI. All Rights Reserved.